Contemporary Art

極小美術館

極めて小さい美術館の挑戦

極小美術館 紹介サイト一覧

《tomoko miyagawa - デザイン鑑賞部2》

「宮川 友子のページ」

《tomoko miyagawa - Photo Gallery》

「宮川 友子のページ」

自営業

加藤由朗(グラフィックデザイナー・愛知産業大学教授)

 私の仕事場は岐阜市の伊奈波神社の近くです。初詣、長良川での花火大会、岐阜まつりなど年に何度か賑わいます。通りは桜の並木で季節を感じお寺の多い町です。かつて近所にはうどん屋、パン屋、八百屋、酒屋等あって歩いて買物や外食が済ませられました。
 父は戦後間もない頃からここにデザイン屋を開いており、商業図案家と呼ばれていました。私も父と同じ仕事を選び、今は例えば会社のマーク、パンフレット、ウェブ制作など広告のデザインをしています。
 時代が経つにつれ、多く職人の技がコンピュータにとって変わったり、個人より大きな代理店や会社に仕事が回ったりするなど環境は変化していきました。それと同じように街にも変化が訪れ、近所のお店が一つずつ暖簾を下ろしていきました。
 私もずっと調子がいいわけでもなく、浮いたり沈んだりしながらなんとか生きてきましたので、他人事には思えません。
 仕事の量や収入は常に不安定だし、誰かに保障されるわけでもありません。退職がない代りに病気になったり廃業しない限り余生というものがありません。不安と孤独に負けないようにするのが大変です。
 でも個人だからいいという所があります。まず、仕事の全部を把握できること。また、お客さんが時には経営者だったりするので、いろんな業界の話が聞けたり熱い思いを感じたり励まし合ったりできます。そして一番素晴らしい面は、自分の好きな、できる仕事で社会の役に立てたり、価値を生み出せるやりがいです。
 それぞれのお店がいきいきできる町を作っていければいいと思います。

(2011年1月4日 岐阜新聞コラム「素描」#1)

YU-GRAPHICホームページ

信長&フロイスと鵜飼

加藤由朗(グラフィックデザイナー・愛知産業大学教授)

 たまに金華山(岐阜城)に上る機会があるのですが、山頂から濃尾平野を眺めると、自然に信長の時代に思いが馳せられます。もちろん街やビルはなかったでしょうが、山の形や川の流れは今と似ていたのではないでしょうか。
 かつて信長が金華山のふもとに暮らしていた頃、鵜で鮎を捕る漁に価値を見い出し、「鵜匠」という名を与え保護したのは彼なんだそうです。今は冬なのでお休みですが、春から秋にかけほぼ毎日鵜飼が行われています。長良河畔から幻想的なかがり火を見れば、気分は戦国時代にトリップできるかもしれません。
 最近の武将ブームのずっと前から、岐阜観光コンベンション協会では岐阜を「信長の街」とアピールしてきました。岐阜はルイス・フロイスがわざわざ信長を訪ねた街です。彼は、フロイスと出会ったことで世界や南蛮への好奇心が開け、本当の意味でのクリエイターかつプロデューサーとして、岐阜の賑わいをつくり出していきました。
 岐阜観光コンベンション協会のデザインをしてきたうち、会議などに参加した人がもらえる紙の手提げ袋は好評のようで、長く使ってもらっています。信長とフロイスが架空のコンベンションに参加している様子で、白黒をベースに、人物は鮮やかに描いたものです。時々街で見かけるとうれしくなります。
 一昨年には「信長」と「鵜飼」のTシャツ、ストラップを作りました。市内のホテルなどで売っています。鵜飼の船頭さんもTシャツを着てくれています。鵜飼を見る時は信長も見た、ということを思い出してみてください。

(2011年1月11日 岐阜新聞コラム「素描」#2)

YU-GRAPHICホームページ

揺れる紙とメッセージ

加藤由朗(グラフィックデザイナー・愛知産業大学教授)

 伊奈波神社にお参りに行った時、イノシシの親子が山から下りてきているのを見かけました。自宅の近所でアマガエルの声を聞かなくなった、ということもありました。昨年、口蹄疫で牛がたくさん殺処分され、直接は関わりがないものの、胸が痛む気持ちがしました。
 そんな中、池田町にある極小美術館で個展(3月31日まで開催)をすることになり下見に行くと「クマ出没注意」の看板があり、その時は全国的にクマの被害が発生した時と重なっていました。
 人間だけが悪いわけではないと思いますが、私たちは自然に生かされていることにもっと耳をかたむけた方がいいと思い、「Message from animals 2010」の一連のポスターを仕上げました。
 美術館の辺りは池田山のふもとのなだらかな斜面に茶畑が広がっています。温泉やハンググライダーの施設もあり、自然に恵まれた環境です。
 今回の展示は額に入れず、四隅をピンで固定しようと考えていました。しかし美術館の代表の長澤さんは、「上2ヵ所を留めて垂らし、紙ならではの反りを自然にまかせた方がよい。何よりも紙らしいし、近くを通った時揺れるのがいい。」とアドバイスをくださいました。私もそれがこの美術館と似合うと思い、そのようにしました。
 環境保護が問題となっている今、紙をたくさん使って「自然」をテーマとした作品を作ることに矛盾を感じてはいますが、紙という媒体はとても便利で今までの経験の蓄積があるので、作る方も見る方もそれに甘えてしまっています。自然への感謝をもちながら、これからの作品のあり方を考えていきたいと思います。

(2011年1月18日 岐阜新聞コラム「素描」#3)

YU-GRAPHICホームページ

日本国際ポスター美術館(1)

加藤由朗(グラフィックデザイナー・愛知産業大学教授)

 大垣市にある日本国際ポスター美術館は日本で唯一のポスター専門の美術館です。(注※「秋山孝ポスター美術館長岡」もあります。間違いです。すみません。)世の中で「商品」として出回っているものではなく、街で役割を与えられ、かつ芸術として認められるポスターを扱っています。
 そこで私はボランティアスタッフとしてポスター展開催などのお手伝いをしています。世界の最新の優れたポスターに出会えることが魅力です。
 岐阜経済大学の中にあり、ヨーロッパのポスター先進国(フランス、スイス、ポーランド等)だけでなく、最近はアジアや中東など世界中のポスター作家とコンタクトを取り、作品の収集と展示をしています。
 ヨーロッパには「広告塔」という文化があります。街角にポスターを貼る専門の少し大きな筒なのですが、訪れたことのある方なら一度は目にしたことがあるでしょう。
 そんな生活に密着したポスターですから、その国の生活をとても反映しています。例えばヨーロッパのコンサートや演劇などのように美しいイラストレーションや写真で表現したもの、また世界中の環境や社会問題へのメッセージポスターなどもあります。
 とてもその国らしい絵柄と内容で、言葉はもちろん読めませんが、それがおもしろいです。私たちスタッフも最初は何だかよく分らないまま絵柄を中心に鑑賞していたのですが、次第に内容が「読める」ようになって格段に楽しくなってきました。ポスターから遠い国の生活が見えてきます。
 1月17日(月)から4月28日(木)まで「スポーツポスター」展を開催。オリンピックなどをテーマにした世界のポスター約60点を展示します。

(2011年1月25日 岐阜新聞コラム「素描」#4)

YU-GRAPHICホームページ

日本国際ポスター美術館(2)

加藤由朗(グラフィックデザイナー・愛知産業大学教授)

 「ムーランルージュ」で有名なロートレックはたくさんの女優・俳優のポスターを描き花の都パリの街角を飾りました。日本国際ポスター美術館では、彼の「ディヴァン・ジャポネ」という名作を所蔵しています。(当時の本物です!)
 ポスターを通して世界中のポスター作家と交流をしており、彼らは時には来館してくれます。
 95年スイスの巨匠ニクラウス・トロクスラーさんは東京での展覧会のついでに来館されました。大垣のレストランで食事をしました。大好きなジャズを聞きながら仕事をするとか、マチスが好きだといっていました。懸命に日本の文化への理解を示し、トイレにスリッパを脱いで入ろうとしたのが微笑ましかったです。
 ウラジミール・チャイカさん(ロシア)は、アーチスト・イン・レジデンスとして美濃市に3ヵ月滞在した折、来館してくれました。和紙を使った障子のような構造の凧にとても刺激されたそうです。真っ赤なTシャツにスキンヘッドで怖そうに見えて実はとてもやさしい日本通です。
 ペペさん(キューバ)は大きなビデオカメラを抱えていたのが印象的で一緒にお千代保稲荷にお参りに行きました。
 カリーナ・ランクさん(スウェーデン)は94年に国際招待ポスター展に作品を招待以来「日本に行ったらぜひ大垣を訪問したい」とずっと思っていたそうです。昨年4月東京と京都の観光の前に来館。桜の咲く水門川沿いをドライブしました。お国で乗っている車はホンダだそうです。
 「ポスター」のもつ縁はすごいです。共通の夢があるから遠い国の人たちと交流ができます。

(2011年2月1日 岐阜新聞コラム「素描」#5)

YU-GRAPHICホームページ

韓国の大学との交流

加藤由朗(グラフィックデザイナー・愛知産業大学教授)

 韓国の新丘大学と愛産大は06年から交流をしており、年に何度か授業や課外活動で行ったり来たりしています。
 交流の初めの頃は韓国のこともよく知らないし、どんな風になるか予想もつかず、おっかなびっくりでしたがキム・ジョンテという教授に出会い、不安は安心に変わっていきました。
 彼は染色作家で作風はやさしさと悲しさを同居させたようなユーモラスな感じ。でも趣味はハーレー・ダビッドソンでツーリングというおもしろい人物です。
 昨年の私の個展のオープニングには誤って痛めた足をかばいながら松葉づえで来てくれました。かなり無理をしているように見えましたが、いったん約束をしたからには守る、という男の友情を感じました。
 こんな「できる」人物のお陰でじっくりお隣の韓国を観察できます。例えばヨーロッパなどと比べると街のつくりなども似ているので、必然的にデザインのあり方も似てきます。街は看板が氾濫し、都市に人口が密集しがちで、流行が大好きです。
 食事ではダイエットより楽しさを重んじ、たくさんのおかずがぎっしり机に並び、みんなで同じお皿に箸をつけます。しかし上下関係には独特の感覚があり、目上の人と同席したらお酒や煙草は顔を背け偉そうに見えないように嗜みます。写真を撮る時驚いたのは、女性でも私と腕を組んで体を密着させて並ぶので、ちょっと緊張しました。
 一方、日本人のわびさびのような感覚や、コンパクトさや細部へのこだわりは自覚しました。
 私たちも韓国的バイタリティに負けずに交流を盛り上げていきたいです。

(2011年2月8日 岐阜新聞コラム「素描」#6)

YU-GRAPHICホームページ

ユーモア表現とポスター

加藤由朗(グラフィックデザイナー・愛知産業大学教授)

 人間の眼はぜいたくなもので、テレビは映像がキレイで大きなものが人気ですし、印刷物もふた昔前と比べると粗悪なものは少なくなり、美しいのが普通になりました。これらはコンピュータの発達による所が多いと思いますが、映像やグラフィックを考えるのが人間、というのは変わっていません。
 愛産大の科目で「ユーモア表現技法」といって、絵でユーモアを表現するというのがありますが、学生たちはいざ考えてみると手が止まってしまい次第にユーモアというよりユーウツになってしまうようです。
 数年前、ロシアのチャイカさんがモスクワから自身の写真を送ってくれました。背景には赤の広場の教会と、夕焼けの大きな太陽が赤く丸くありました。ロシアと日本の友好をたった1枚の写真で表現しており、こんなメール自体がユーモアだと思いました。
 美術の教科書などでも有名なエッシャー(階段を上り続ける「上昇と下降」)やマグリット(パイプの絵の下に「これはパイプではない」と書いたもの)は錯視やトリックで不思議な空間を表現しました。
 フランスのポスター作家サヴィニャック(雌の牛が自分の乳でできた牛乳石鹸に乗っている「モンサボン」)は、人へのちょっと皮肉を交えたやさしい眼差しを軽妙に表現しました。
 私たちは毎日いろいろなものを見ていますが、その中でも時々すっと引き込まれるものがあります。私は特にこんなユーモアやとんちのきいた物が大好物です。言葉を使わず、見るだけでわかるユーモアを、日常生活の中から探してみませんか。

(2011年2月15日 岐阜新聞コラム「素描」#7)

YU-GRAPHICホームページ

コンピューターとデザイン

加藤由朗(グラフィックデザイナー・愛知産業大学教授)

 人と話す時、「デザインってコンピュータでしているの?」とよく聞かれます。確かにグラフィックデザイナーにとってコンピュータは大きな存在です。でもコンピュータを使うことにいい所と辛いところがあります。
 デザインの業界では、コンピュータの導入初期の頃からずっとMacを使ってきました。特にコンピュータのマニアというわけではなかったので使い方を覚えるのが大変でしたし、慣れた頃に「寿命」が来て環境が変わってしまいます。しかし、昔は絵が上手でないとデザイナーになれなかったのが、コンピュータを扱えれば関われるチャンスは増えたのかもしれません。
 あと、いい所としては何度も試行錯誤ができます。色の組み合せのシミュレーションが簡単にできるし、文字も「写植」を使っていた頃はやり直すと時間・手間・お金がかかってしまう所を、今は直前まで修正ができます。しかしその分作業の後半にしわ寄せが来るのには勘弁です。
 現物ではなくデータとして同じものを保存できるのも便利です。紙が色あせるなど物の劣化の心配がなくなりました。しかし便利さにかまけてうっかりしていると、コピー&ペーストをした時に日付や曜日を直し忘れるなどの失敗があります。
 コンピュータは指示された計算はしてくれるし、情報もうまく保存・表示してくれますが、絵のアイデアやおもしろい企画を生み出してはくれません。営業にでかけたり人間関係に配慮したりもしてくれません。
 私の場合、コンピュータの前に座っている時はデザインをしていないのかもしれません。

(2011年2月22日 岐阜新聞コラム「素描」#8)

YU-GRAPHICホームページ

極めて小さい美術館の挑戦

ミチクサ vol.65 池田町草深(大垣ケーブルテレビ ケーブルファン2015年11月号から)

 池田山の麓にある、極小美術館は6年前、「極めて小さい」と名付けた美術館は、今や現代美術の若手作家たちが巣立つ場となりつつある。自身も作家である館長の長澤知明さんが、この美術館にかける熱い思いとは。

「これは、何を意味しているのですか」。極小美術館に展示されている作品の前で、必ず何人かはそういう言葉を口にする。館長の長澤知明さんはこう答える。「音楽には言葉はないでしょう。同じですよ。言葉にしなくても、ただ、好きなように感じればいいんです」。

 3階建ての洒落た外観。緑濃い池田山をバックに、白い建物の美しさが映える。2009年に小さな美術館がオープンした。「自虐的な意味も込めて、極小美術館という名前にしたんです。でも、最近では名前が売れてきて、自虐じゃなくなってきた」。長澤さんは笑う。

 垣市生まれの長澤さんは、東京芸術大学大学院を修了し、彫刻家として東京で活躍した。数々の賞を受賞し、時代の先端をいく芸術家として、岡本太郎と共に、若い女性向けの雑誌に紹介されたこともある。「東京にいた頃の僕は血気盛んで、とんがっていましたね」。

 そんな生活が一変したのは、30代の頃。恩師の推薦で、デザイン科の教師を探していた多治見工業高校で専任講師として教えることになる。平日は岐阜、週末は東京という生活をしていたが、結局は大垣へ戻ってきた。
 その後、加納高校美術科に異動。「先生になっても、彫刻家としての創作活動はずっと続けていました」。名古屋の桜画廊で開いた個展が、朝日新聞社が主催する1986年の「美術ベスト5」に選ばれたこともある。現役の教師としては、ただ一人だった。グラウンドの隅で自身の作品を制作し、見せることで学んでもらうなど、ユニークな教え方をした。進学率は上がり、毎年、国公立や有名美術大学へ生徒たちを入れる。

 が、たくさんの教え子たちの中で、作家として活動できたのは、ほんの数名だけ。美術の世界で生きていくのは大変だ。東京には画廊はいくつもあるが、個展を開くには、多額の費用がかかる。なけなしの金をはたいても、お客の数はたかが知れている。かといって地元に戻っても、作品を発表する場がなく、「刀折れ、矢尽きてしまう」。結局はやめてしまうのだ。才能があるのに、埋もれてしまう教え子たちを、長年見てきた。
 どうすれば、彼らの力になれるのか。地方からでも、優れた若手作家を世に出すことはできないか。発表の機会を設けられないかー長澤さんのなかで、美術館という構想が芽生え始めていた。

 ょうどその頃、縁あって長浜市の北ビワコホテル・グラツィエ・ギャラリーの企画展の全てをまかされる。主に現代美術を中心に、さまざまな作家の作品を展示した。ホテルには、老若男女、多種多様な人たちが集まる。挑戦だった。作品や展示方法などに意見や批判もたくさんあったが、5年間で34回もの企画展を開く。「美術に興味のない人たちに、現代美術は難しいものじゃない、見る人の感性で自由に楽しめる、面白いものなんだと知らせることができた」。

 浜でできるなら、ここで美術館を開いても、やっていける。自信を持った長澤さんは定年退職後、いよいよ本格的に美術館開館に向けて進み出す。
 だが、物件探しは難航した。街中は借りるだけでも費用がかかり、なかなか条件に合うものがない。やっと見つけた物件は、池田山の麓にあった築15年の未使用の倉庫。「天井の高さ、面積、予算、場所…。いろいろ考えて決めました」。

 小美術館には、長澤さんなりのこだわりが詰まっている。運営費は全て自費。入館料はとらない。作品は売らない。買い手との仲介もしない。
 作家の経済的な負担は、作品にかかる保険の一部のみ。チラシには美術館の館長や学芸員、評論家たちに、作家や作品の紹介記事を書いてもらうが、原稿料も美術館持ちだ。「専門家に執筆してもらうことで、社会性が伴う。本人にも大きな励みになるし、来館者にも伝わりやすいから」。

 ただ、無名の若手作家だけでは人を呼べないため、キャリアのある作家と組み合わせて、展示する。それとは別に、2年に1度は若手、中堅、巨匠の作家の作品を取り混ぜて、グループ展を開く。「他人の目にさらさないと、次のステップにはいけない。若い作家は、まずグループ展に出して、プロの評価をもらう。そこから個展へと進むまでには、早くても3、4年はかかる」と長澤さんはいう。

「スポンサーなしの自費で美術館をやっているわけですから、誰も考えたことのないものをやっている人たち、新しい感覚で表現しようとする若者たちの背中を押したい」。長澤さんの所には、若手作家たちから年間80点ほどの作品写真が送られてくる。そこから出展を依頼することもあれば、各地の美術館や展覧会場にも、積極的に足を運び、「これは」という人を見つけることもある。「学生や大学院生ではなく、自分で稼いで、命をかけている、そういう若い作家をさがしているんです」。
 オープンから今年で6年。作家を志しても、コレクターがつき、自身の作品で得た収入で生きていける作家は10年に1人できればいいといわれている。そんな中で、既に5人もの若い作家を世に送り出した。

 小美術館では企画展を開く際、必ずオープニングパーティーを開く。これも、長澤さんのアイデアだ。「東京では頻繁に開かれていて、様々な交流が生まれます。でも、地方にはそんな機会がないでしょう。滅多に会えない作家や美術館関係者、批評家たちと話す若い子たちの目がもうね、キラキラしているんですよ。それが本当に嬉しい」。

 役の彫刻家、長澤さんは美術館運営の傍ら、作品を作り続け、コンペにも出品し、若手たちと競う。そのことが、自身の作品に刺激を与え、ものを見る眼を磨いていく。現代美術の世界では、60代は老人といわれるそうだが、そういう言葉は当てはまらない。「現代美術とは、今を生きているというドキュメント。今しか表現できないもの、同時代性という要素を持っているかどうかです」。熱く語る姿は、若者たち同様、目が輝いている。

「志さえあれば、地方でも続けられる。発信できるんです」。長澤さんは手ごたえを掴んだ。極小美術館は若手が育つための場としてだけでなく、一般の美術ファンにも受け入れられつつある。だから、これからも「小さい美術館でも、質のいいもの」を求めていく。
 池田山の麓の小さな美術館には、志を持った作家たちが集う、限りなく熱く、大きな世界が広がっている。

Director 長澤 知明