Now Loading...

Now Loading...

Contemporary Art

極小美術館

企画展

Art Exhibition

極小美術館が厳選した有能な作家の「企画展」を開催しています。

河西 栄二 展
2021年8月29日~2021年10月3日

踏み出す制作

 高橋秀治
(豊田市美術館館長)

 新型コロナ感染症の世界的な流行が始まって1年以上が経過した。中国武漢の市場関係者の感染や、クルーズ船の感染パニックがニュースをにぎわし始めたころには、想像さえできなかった非日常が日常となってしまった現在。創作活動をする人たちも様々な影響を受けていることだろう。制作することそのものは個人の営為であるから、感染のリスクを高める他者との交流は多くはない。そのためか作家から「コロナでもあまり変わりありません」という言葉も聞くこともあった。しかし、実際のところ他者との関係をなしにして人間生活は送れないだろうし、作家にとって発表の場を失うことも実は制作にも大きな影響を与えているに違いない。意識するにしてもしないにしても、生活リズムを含めてじわじわと創作にもその影響が出て来ているのは間違いないだろう。……

[ 続きはこちら ]

エスポワール展

Espoir

若い作家の優れた作品を紹介する「espoir(エスポワール)展」を 企画・開催しています。

阪本 結 展
2021年8月29日~2021年10月3日

中風明世の絵画

 田島達也
(京都市立芸術大学教授)

“その山水を観るごとに、心神恍惚としてその間に身を置くがごとし”

 京都市立芸術大学で日本美術史を講じている私と阪本結の最初の接点は、当然のことながら日本美術史の講義の中だった。過去のメールの検索をしたところ2009年、日本絵画史のレポートが残っていることに気付いた。5月4日に届いたメールには岩倉の実相院の特別公開に行ってきましたという写真が添えられていた。阪本が3回生のことである。
 ただその後、学内での展示や毎年の作品展(2月に全学年全専攻の学生が成果発表する展覧会)でも作品はずっと見ていたはずだが、日本美術を主領域とする私の印象にはあまり残っていなかったというのが正直なところだ。卒業制作は人物を描いた組作品だった。……

[ 続きはこちら ]

現代美術展

The event of contemporary art

美術館が厳選する力のある作家の競演「池田山麓現代美術展」等のイベントを開催します。

現代美術の作法
2021年2月28日~2021年3月28日

[ 詳細はこちら ]

《館外企画展》

「初雪の気配」
2019年10月16日~2019年11月 3日

[ 臼井千里インスタレーション ]

「月 待つ庭。」
2018年10月2日~2018年10月21日

[ 林 孝子インスタレーション ]

「百年に、落花。」
2018年 5月22日~2018年 7月 5日

[ 高北幸矢インスタレーション ]

《会場》日本料理 後楽荘 ※極小美術館企画
〒500-8034 岐阜県岐阜市本町1-31
TEL・058-264-0027 FAX・058-264-2741

篠田守男と
極小美術館の作家たち

2021年8月23日~8月28日開催

極小美術館の若手作家と篠田守男の美術展を企画。東京都中央区のアートスペース羅針盤で開催。

飛騨高山現代美術展2008

2008年11月30日~12月7日開催

極小美術館開設準備室当時のPOCOLOCOアートスクールとの共同企画。岐阜県高山市の里山フィールドとギャラリー『遊朴館』で同時開催しました。

button